ドイツの軍事介入

パリ同時多発テロはドイツに住む我々にとってもショックな出来事でした。それ以降、多発テロを受けてドイツでの今後の影響ならびに対応策などについてのニュースをメディアで聞かない日はないほど、ドイツでは一大テーマとなっています。

シリアへの軍事介入要請をフランスから受け、軍事作戦に参加することとなったドイツですが、これまで直接的な軍事作成への関与に後ろ向きだっただけに今回の決断には世間からはかなりの賛否両論があります。そんな中、本日とうとう議会の大半の賛成を受け軍事介入が議会決定しました。

昨日この軍事介入についての討論番組をラジオで聞いていたら、あるコメンテーターが今回のあまりにも早すぎる議会の決定に不安を抱くと発言していました。今回の議会の決定は様々な背景を考慮して至ったものだとは思うのですが、我々の立場からするとドイツの軍事介入を機にテロリストに狙われる危険が急上昇するのは確実なのではないかがとても不安です。
[PR]
by riritanoheya | 2015-12-04 21:31